ホーム > 低金利なマイカーローン > 銀行ローンが無理ならばディーラーローンを借りよう

銀行ローンが無理ならばディーラーローンを借りよう

新入社員が銀行にマイカーローンを申し込むと、審査落ちしてしまう人もいます。

ローン審査の項目にある「年収」「勤続年数」などが、新入社員の場合だとどうしても基準をクリアできない傾向にあるからです。

銀行系のマイカーローンは金利が低いので借りたくなる気持ちわかりますが、審査に通らないものは仕方ありません。

他の金融機関を当たるしかないのですが、できるだけ金利は低い方がいいですよね。

借りれる可能性が高い借入先として、消費者金融のフリーローンがあります。

こちらの場合は安定した収入があれば借り入れできる可能性はあるのですが、金利が銀行系マイカーローンと比較して高くなる傾向にあります。

消費者金融のフリーローンの金利相場は「4.7%~18%」ですが、たいていの場合は18%の金利が設定されます。

借りたお金を返済して実績を作っていけば限度額が上がり金利が下がってくるのですが、それでは車を買うまでに時間がかかってしまいます。

消費者金融のフリーローンよりも少し金利が安く、借り入れできる可能性が高いのが「ディーラーローン」となります。

ディーラーローンは、車を購入する販売店(カーディーラー)で申し込みをします。

カーディーラーは提携している信販会社からお金を借りる手続きを進めてくれます。

カーディーラーの金利は、平均して8%前後です。

借り入れの手続きや準備などディーラーの営業マンがサポートしくれるので、自分で手続きを進める銀行系マイカーローンよりも楽に申し込みができます。

銀行系マイカーローンよりも金利が高くなりますが、借りれる可能性の高いディーラーローンを利用した方が車を手に入れるという面ではおすすめです。

また最近では自動車メーカー系列のファイナンス会社が提供しているローンサービスとして、残価設定型クレジットという商品が用意されています。

自動車を購入する時に必ず勧められるローン商品なので、銀行系マイカーローンの借り入れが難しい場合は詳しくお話を聞くことをお勧めします。

残価設定型クレジットで車を購入すると、毎月の支払い額も少なくて済み3年~5年後に車を買い換えることも可能です。

新し支払い方法として自動車メーカーも定着をさせようとしているので、お得な金利キャンペーンなども実施していることがあります。

そういったキャンペーンなどを利用すると、思ったお得に車を購入することができるのでぜひ一度公式サイトをチェックしてみてください。


関連記事

  1. 銀行ローンが無理ならばディーラーローンを借りよう

    新入社員が銀行にマイカーローンを申し込むと、審査落ちしてしまう人もいます。 ロー...

  2. 日立キャピタルはトップクラスの低金利マイカーローン

    日立キャピタルのマイカーローンは、現在サービス提供をしていません。 マイカーロ...